両生爬虫類図鑑

種ごとに詳しく知りたい!

全部見る!

和名(わめい):フトマユチズガメ 学名(がくめい):Graptemys ouachitensis

●全長(ぜんちょう):15~25cm前後(甲長)

●分布(ぶんぷ):国内未定着

●見られる季節(みられるきせつ):不明

●生態(せいたい):平地や市街地のため池や河川などに生息するとされるヌマガメの仲間。北米原産の外来種。全体的に甲羅は灰褐色~オリーブ色で首や脚などは黒緑色に黄色いラインがいくつも入る。頭部の斑紋が太い緑黄色なのが特徴。雑食性で昆虫や甲殻類、魚類、水草などを食べる。ミシシッピアカミミガメ同様寿命も長いことからペットとしてよく飼育されており、国内に広く流通している。

●珍しさ(めずらしさ):※★★★★★ 南河内地域では2020年10月に石川流域で初めて野外で確認された。国内では未定着であるため誰かが放流したものと考えられる。愛玩動物として広く流通しているため飼育しきれなくなった個体がため池や河川に放流されている可能性がある。ニホンイシガメなど在来のカメ類や周辺生態系に影響をおよぼす可能性があるため要注意外来生物に指定されている。お家で飼育している人は決して野外へは放さず最後まで責任をもって飼ってあげましょう。


カミツキガメについて  

和名(わめい):カミツキガメ 

学名(がくめい):Chelydara serpentine spp. 

●全長(ぜんちょう):最大50cm前後(甲羅の大きさ) 

●分布(ぶんぷ):アメリカ合衆国・カナダ・中南米 

●見られる季節(みられるきせつ):ほぼ一年中 

●生態(せいたい):平地から山地の河川、湖沼、ため池などの水辺域で見られるカメの仲間。アメリカ大陸からの外来種として日本各地に侵入・放流、もしくは定着している。

大きな頭部と長い首が特徴で、脚・甲羅ともに頑強で強い印象を受ける。夜行性。捕食性の強い雑食性で魚類や水生昆虫、水生植物などを食べる。

寿命は長く30年以上生きうるとされる。1960年代にアメリカからペットして多数が輸入され、その後飼いきれなくなって捨てられたりして野生化している。 


●危険度(きけんど):★★★★☆ 攻撃的な性格に加え、あごの力が非常に強く、大型個体に咬まれると大ケガは免れないなど非常に危険。強い捕食性と繁殖力により、地域生物群集に影響を及ぼすほか、在来カメ類との競合が危惧されており、2005年に特定外来生物に指定されている。  


参考文献:多紀保彦(監)・財団法人自然環境研究センター(編).2008.決定版 日本の外来生物.平凡社.480pp. 

カテゴリー 特定外来生物 


自然分布地域

アメリカ合衆国南部からメキシコ北東部の国境地帯.同種は14亜種を含み,アメリカ合衆国、中米、ブラジルまで広大な分布域を持つ.  


日本に侵入した経緯

輸入は1950年代に始まり,野外では1960年代後半からみつかるようになった.  


国内での影響 

競合,捕食.在来のカメ類とは亜科もしくは科のレベルで異なるため,交雑のおそれはほぼない.ヒトへのサルモネラ菌の感染例がある.

農業被害:観賞用ハス、ジュンサイ、ヒシの食害 


河川公園周辺での状況 

河川内で多数見られ、繁殖もしている。 食欲旺盛なうえ、繁殖力も強く、生息環境が重複するイシガメに対する影響が問題。他のカメ類の卵を食べる習性があり、在来のカメ類との競合のみならず、卵捕食による影響も及ぼしうるとされる。またエサとして水生生物や抽水植物にも影響があると思われる 


河内長野市での分布

市街地や農耕地の水域を中心に広く分布するが、山間部では少ない。 

カテゴリー 要注意外来生物 


自然分布

地域アメリカ合衆国南部からメキシコ北東部の国境地帯.同種は14亜種を含み,アメリカ合衆国、中米、ブラジルまで広大な分布域を持つ. 日本に侵入した経緯輸入は1950年代に始まり,野外では1960年代後半からみつかるようになった.

国内での影響 

競合,捕食.在来のカメ類とは亜科もしくは科のレベルで異なるため,交雑のおそれはほぼない.ヒトへのサルモネラ菌の感染例がある.

 農業被害:観賞用ハス、ジュンサイ、ヒシの食害 


公園周辺での状況 

河川内で多数見られ、繁殖もしている。 食欲旺盛なうえ、繁殖力も強く、生息環境が重複するイシガメに対する影響が問題。他のカメ類の卵を食べる習性があり、在来のカメ類との競合のみならず、卵捕食による影響も及ぼしうるとされる。またエサとして水生生物や抽水植物にも影響があると思われる    

和名(わめい):ニホンヒキガエル 学名(がくめい):Bufo japonicus japonicus

●全長(ぜんちょう):5~18cm前後

●分布(ぶんぷ):本州・四国・九州

●見られる季節(みられるきせつ):4~10月

●生態(せいたい):平地から山地の山林などに生息するヒキガエルの仲間。日本固有亜種。全体的に暗褐色または茶褐色で背中には多数のイボがある。個体によっては黒色紋や赤色の斑紋などがある。皮膚のイボから分泌される粘液には強力な毒があり、眼に入ったり皮膚に付くと危険なので触った後は手を洗おう。日本の在来カエル類では最も大きくなるカエルの一つ。「クックック・・・」と鳴く。肉食性で昆虫やミミズなどを食べるほか、小型のヘビなども捕食することもある。繁殖期にはため池や湿地などの水辺に集まって産卵する。

●珍しさ(めずらしさ):★★★☆☆ 南河内地域では大和川水系周辺の山地に生息するが、個体数は多くない。繁殖期には低地の水辺で見られることも多い。大阪府下では生息場所が限られており、本種が安定して生息できる環境が減少していることから大阪府レッドリストでは絶滅危惧Ⅱ類(VU)に指定されている。自然が残る南河内では本種の集団繁殖場所が比較的多く残されており、大切にしていきたい。

和名(わめい):トノサマガエル 学名(がくめい):Pelophylax nigromaculatus

●全長(ぜんちょう):4~10cm前後

●分布(ぶんぷ):本州・四国・九州

●見られる季節(みられるきせつ):4~10月

●生態(せいたい):平地から山地のため池や水田、緩やかな河川などに生息するアカガエルの仲間。全体的に灰褐色から緑褐色で黒い斑紋があるが、個体差がある。背中の真ん中に背中線と呼ばれる線が特徴。「グルル、グルル・・・」と鳴く。肉食性で昆虫などを食べる。

●珍しさ(めずらしさ):★★☆☆☆ 南河内地域では大和川水系周辺のため池や水田などに生息し、比較的普通に見られる。かつてはカエルといえば本種を指すほど身近な存在であったが、近年は生息環境の悪化で全国的に減少が著しく、環境省・大阪府レッドリストではともに準絶滅危惧種(NT)に指定されている。自然が残る南河内ではまだ身近なカエルの代表格であるが、見守っていきたい種である。

和名(わめい):シュレーゲルアオガエル 学名(がくめい):Rhacophorus schlegelii

●全長(ぜんちょう):3~5cm前後

●分布(ぶんぷ):本州・四国・九州

●見られる季節(みられるきせつ):4~10月

●生態(せいたい):平地から山地のため池や水田などに生息するアオガエルの仲間。外来種っぽい名前だが、日本固有種。全体的に緑色でお腹側は白く虹彩は金色。体色には変異があり、稀に褐色や黄色い斑紋がついた個体もいる。ニホンアマガエルと間違えられることも多いが、本種の方が少し大きく、過眼線(鼻先から耳にかけての黒い模様)がないことで区別できる。「コロロ、コロロ・・・」と鳴く。肉食性で昆虫などを食べる。水田の畦など土の中に泡状の物質を分泌し、その中に産卵する。

●珍しさ(めずらしさ):★★☆☆☆ 南河内地域では大和川水系周辺のため池や水田に生息しており、比較的普通に見られる。春早くから田んぼで鳴いているのは本種であることが多い。近年は水田の構造など生息環境の変化で減少傾向にあり、大阪府レッドリストでは準絶滅危惧種(NT)に指定されている。


鳴き声


ギャラリー


和名(わめい):カジカガエル 学名(がくめい):Buergeria buergeria

●全長(ぜんちょう):5~7cm前後

●分布(ぶんぷ):本州・四国・九州

●見られる季節(みられるきせつ):4~10月

●生態(せいたい):平地から山地の河川中上流部に生息するアオガエルの仲間。日本固有種。全体的に茶褐色または青みがかった灰褐色で個体差がある。河川岸にある岩などに擬態しており、体の色は保護色となっている。「フィッー、フィフィフィー・・・」と非常に美しい声で鳴き、日本産のカエルの中でも最も綺麗な声で鳴くカエルのうちの一つ。肉食性で昆虫などを食べる。

●珍しさ(めずらしさ):★★☆☆☆ 南河内地域では大和川水系の中上流部に生息しているが、中流部では山地側に限られ個体数も少ない。上流部では個体数も多く、市街地周辺の河川でも見られることもあるが、近年は減少傾向にある。

和名(わめい):アカハライモリ 学名(がくめい):Cynops pyrrhogaster

●全長(ぜんちょう):10cm前後

●分布(ぶんぷ):本州・四国・九州

●見られる季節(みられるきせつ):3~11月

●生態(せいたい):平地から山地のため池や緩やかな河川、水田などに生息するイモリの仲間。全体的に黒褐色でお腹側は赤く、黒色の斑紋が多数あるが模様には個体差がある。皮膚にはフグと同じ毒があり、派手な色合いは天敵に対する警告色となっている。動物食の強い雑食性で水生昆虫やミミズなどを食べる。

●珍しさ(めずらしさ):★★★☆☆ 南河内地域では大和川水系中上流域の平地から山地にかけてのため池や水田などに生息する。かつては平地でも普通に見られたが、減少が著しく見られなくなっている場所も少なくない。環境省・大阪府ともに準絶滅危惧種(NT)に指定されている。


和名(わめい):ニホンカナヘビ 学名(がくめい):Takydromus tachydromoides

●全長(ぜんちょう):10~25cm前後

●分布(ぶんぷ):北海道・本州・四国・九州+一部離島

●見られる季節(みられるきせつ):ほぼ一年中

●生態(せいたい):平地から山地の農耕地や山林内などに生息するトカゲの仲間。日本固有種。全体的に褐色で鱗は光沢がなくザラザラしており、お腹側は黄色っぽい。同所的に生息するニホントカゲと比べて草地のブッシュや林縁などやや薄暗い場所に多い。動物食の強い雑食性で昆虫やミミズなどを食べるほか、木の実なども食べる。

●珍しさ(めずらしさ):★☆☆☆☆ 南河内地域では農耕地周辺や山林内などに生息するほかニホントカゲと同様人家の庭先でも見られるなど身近なトカゲ。南河内では個体数も多く普通種であるが、全国的にやや減少傾向にあり絶滅が危惧されている地域もある。

和名(わめい):ニホントカゲ 学名(がくめい):Plestiodon japonicus

●全長(ぜんちょう):10~25cm前後

●分布(ぶんぷ):本州(近畿以西)・四国・九州+一部離島

●見られる季節(みられるきせつ):ほぼ一年中

●生態(せいたい):平地から山地の農耕地や市街地周辺などに生息するトカゲの仲間。日本固種。かつては日本に生息する種は1種とされてきたが、分類学的な研究が進み3種が存在ししていることが明らかになった。全体的に褐色で黒色の線と青色の尻尾が特徴。敵に襲われたりすると尻尾をちぎって逃げる自切という行動をとる。動物食の強い雑食性で昆虫やミミズなどを食べるほか、木の実なども食べることがある。

●珍しさ(めずらしさ):★☆☆☆☆ 南河内地域では農耕地や庭先などに生息し、普通に見ることができる。同じ身近なトカゲであるニホンカナヘビと比べて、明るい陽当たりのよい場所に出てくることが多い。


ギャラリー