和名(わめい):ウスキホシテントウ 学名(がくめい):Oenopia hirayamai

●全長(ぜんちょう):3~4mm前後

●分布(ぶんぷ):北海道・本州・四国・九州

●見られる季節(みられるきせつ):ほぼ一年中

●生態(せいたい):平地から山地の林縁や農耕地周辺、河川敷などに生息するテントウムシの仲間。全体的に黒色地に黄白色の斑紋が6個あるのが特徴。幼虫・成虫ともに肉食性で植物体上で各種アブラムシ類などを捕食する。成虫で越冬し、ケヤキなど街路樹の樹皮下で越冬していることが多い。

●珍しさ(めずらしさ):★★☆☆☆ 南河内地域では平地から山地にかけて広く比較的普通に見られる。とくにケヤキの樹皮下では集団で越冬していることも多いので見たい人は冬場に探してみよう。

和名(わめい):ムーアシロホシテントウ 学名(がくめい):Calvia muiri

●全長(ぜんちょう):4~5mm前後

●分布(ぶんぷ):ほぼ全国

●見られる季節(みられるきせつ):ほぼ一年中

●生態(せいたい):平地から山地の草地や林縁などに生息するテントウムシの仲間。全体的に黄褐色地に黄白色の斑紋が8個あるのが特徴。幼虫・成虫ともに菌類食性で植物体上で葉に付く菌類などを捕食する。成虫で越冬する。

●珍しさ(めずらしさ):★★☆☆☆ 南河内地域では平地から山地にかけて広く比較的普通に見られる。人家周辺の街路樹など割と身近にも生息しているが、小さいため見逃しやすい。

和名(わめい):ナミテントウ 学名(がくめい):Harmonia axyridis

●全長(ぜんちょう):4.5~8mm前後

●分布(ぶんぷ):ほぼ全国

●見られる季節(みられるきせつ):ほぼ一年中

●生態(せいたい):平地から山地の明るい草地や農耕地周辺、市街地など様々な場所に生息するテントウムシの仲間。全体的に黒色と橙赤色だが、個体によって体色は様々で二紋型や四紋型、多紋型などがある。幼虫・成虫ともに肉食性で植物体上で各種アブラムシ類などを捕食する。そのため、農業害虫であるアブラムシに対する生物農薬として使われることもある。成虫で越冬する。

●珍しさ(めずらしさ):★☆☆☆☆ 南河内地域では平地から山地にかけて広く普通に見られる。ナナホシテントウと並んで最も目につきやすい身近なテントウムシ。見つけたらどんな斑紋があるかチェックしてみよう。

和名(わめい):ニワハンミョウ 学名(がくめい):Cicindela transbaicalica

●全長(ぜんちょう):10~15mm前後

●分布(ぶんぷ):北海道・本州・四国・九州

●見られる季節(みられるきせつ):5~9月

●生態(せいたい):平地から山地の明るい草地や河川敷などに生息するハンミョウの仲間。体は全体的に鈍い金属光沢のある黒銅色で光の加減によっては青や緑を帯びているように見える。上翅には白い斑紋が多数あるのが特徴。幼虫・成虫ともに肉食性で小さな昆虫などを捕食する。

●珍しさ(めずらしさ):★☆☆☆☆ 南河内地域では平地から山地にかけて広く普通に見られる。河川敷や海岸の砂浜でよく見られるハンミョウ。

和名(わめい):ニワハンミョウ 学名(がくめい):Cicindela japana

●全長(ぜんちょう):15~20mm前後

●分布(ぶんぷ):北海道・本州・四国・九州

●見られる季節(みられるきせつ):5~9月

●生態(せいたい):平地から山地の草地や河川敷、砂利道などに生息するハンミョウの仲間。体は全体的に鈍い金属光沢のある黒銅色で光の加減によっては青や緑を帯びているように見える。上翅に白い大きな斑紋があるのが特徴。幼虫・成虫ともに肉食性で小さな昆虫などを捕食する。

●珍しさ(めずらしさ):★☆☆☆☆ 南河内地域では平地から山地にかけて広く普通に見られる。名前の由来通り人家周辺から山間部まで幅広く生息する身近なハンミョウ。

和名(わめい):キュウシュウツチハンミョウ 学名(がくめい):Meloe auriculatus 

●全長(ぜんちょう):10~20mm前後

●分布(ぶんぷ):本州・四国・九州

●見られる季節(みられるきせつ):4~7月

●生態(せいたい):平地から山地の草地や農耕地周辺などに生息するツチハンミョウの仲間。体は全体的に鈍い金属光沢のある藍色。幼虫は肉食性でハナバチ類の巣に寄生して、卵や幼虫、餌などを食べる。成虫は植食性で植物の葉などを食べる。成虫は体内に強力な毒を持ち、刺激を受けると黄色い体液として滲出する。液が手など皮膚に付くと皮膚炎などを起こす可能性があるので要注意。

●珍しさ(めずらしさ):★★☆☆☆ 南河内地域では平地から山地にかけて広く比較的普通に見られる。秋の農耕地では草地を歩く本種をよく見かける。

和名(わめい):アカガネサルハムシ 学名(がくめい):Acrothinium gaschkevitchii

●全長(ぜんちょう):7mm前後

●分布(ぶんぷ):北海道・本州・四国・九州

●見られる季節(みられるきせつ):4~7月

●生態(せいたい):平地から山地の草地や農耕地周辺などに生息するハムシの仲間。体は全体的に金属光沢のある緑色地に赤や黄色、青色などタマムシのような虹色に見えるとても美しいのが特徴。宿主はブドウ類でその葉上にいることが多い。幼虫・成虫ともに植食性でブドウ類の葉を食べる。美しい甲虫だが、ブドウを加害することで害虫として扱われることもある。

●珍しさ(めずらしさ):★★☆☆☆ 南河内地域では平地から山地にかけて広く比較的普通に見られる。ブドウを栽培している農耕地周辺では見かける機会も多い。とてもきれいで宝石みたいなので見つけたら観察してみよう。

和名(わめい):イタドリハムシ 学名(がくめい): Gallerucida bifasciata

●全長(ぜんちょう):7~10mm前後

●分布(ぶんぷ):北海道・本州・四国・九州

●見られる季節(みられるきせつ):5~12月

●生態(せいたい):平地から山地の草地や農耕地周辺などに生息する大型のハムシの仲間。体は全体的に黒色地に橙赤色の斑紋が特徴で一見テントウムシの仲間に似ているように見えるのが特徴。宿主はイタドリでその葉上にいることが多い。幼虫・成虫ともに植食性でイタドリの葉を食べる。成虫で越冬するため冬場でも見つかることがある。

●珍しさ(めずらしさ):★☆☆☆☆ 南河内地域では平地から山地にかけて広く普通に見られる。南河内ではイタドリの群落があればまず見かけないことない身近なハムシ。

和名(わめい):ヒメジョウカイ 学名(がくめい): Lycocerus japonicus

●全長(ぜんちょう):10~15mm前後

●分布(ぶんぷ):北海道・本州・四国・九州

●見られる季節(みられるきせつ):4~6月

●生態(せいたい):平地から山地の明るい草地や林縁に生息するジョウカイボンの仲間。頭部は黒色、胸部は橙色の縁取りがある黒色で、脚は全体的に黄褐色。上翅は黄褐色と黒色の2色模様。幼虫・成虫ともに肉食性で小さな昆虫を捕食する。成虫は各種花に訪花し、寄ってくる昆虫を捕食するほか花粉も食べる。

●珍しさ(めずらしさ):★★☆☆☆ 南河内地域では平地から山地にかけて広く比較的普通に見られる。

和名(わめい):キンイロジョウカイ 学名(がくめい): Themus episcopalis

●全長(ぜんちょう):20~25mm前後

●分布(ぶんぷ):北海道・本州・四国・九州

●見られる季節(みられるきせつ):4~9月

●生態(せいたい):平地から山地の明るい草地や林縁に生息するジョウカイボンの仲間。頭部は黒色、胸部は黒色に黄色い縁取りで、脚は全体的に黄褐色。上翅は紫色の金属光沢を帯びた黄褐色。ジョウカイボンに似ているが、やや大型で色がより光沢があってきれいなので見分けられる。幼虫・成虫ともに肉食性で小さな昆虫を捕食する。成虫は各種花に訪花し、寄ってくる昆虫を捕食するほか花粉も食べる。

●珍しさ(めずらしさ):★★☆☆☆ 南河内地域では平地から山地にかけて広く比較的普通に見られる。どちらかというと山地に多い感じ。

和名(わめい):ジョウカイボン 学名(がくめい):  Lycocerus suturellus

●全長(ぜんちょう):15~20mm前後

●分布(ぶんぷ):北海道・本州・四国・九州

●見られる季節(みられるきせつ):4~9月

●生態(せいたい):平地から山地の明るい草地や林縁に生息するジョウカイボンの仲間。頭胸部は黒色で上翅と脚は全体的に黄褐色。幼虫・成虫ともに肉食性で小さな昆虫を捕食する。成虫は各種花に訪花し、寄ってくる昆虫を捕食するほか花粉も食べる。

●珍しさ(めずらしさ):★☆☆☆☆ 南河内地域では平地から山地にかけて広く普通に見られる。市街地の公園などでも比較的普通に見ることができる。

和名(わめい):シラホシハナムグリ 学名(がくめい):Protaetia (Calopotosia) orientalis submarmorea

●全長(ぜんちょう):18~28mm前後

●分布(ぶんぷ):北海道・本州・四国・九州

●見られる季節(みられるきせつ):5~9月

●生態(せいたい):平地から山地の林内や林縁などに生息するハナムグリの仲間。全体的に光沢のある銅色で上翅にはたくさんの白斑がある。シラホシハナムグリと似ているが、本種は脚が長く頭楯が中央で窪むことで見分けられる。幼虫・成虫ともに食植性。幼虫は腐葉土を食べ、成虫は樹液や花に集まる。

●珍しさ(めずらしさ):★☆☆☆☆ 南河内地域では平地から山地にかけて広く普通に見られる。市街地の公園でもよく見られる身近なハナムグリの一つ。