バッタ類 南河内の昆虫類

和名(わめい):ムギクビレアブラムシ 学名(がくめい):Rhopalosiphum padi

●全長(ぜんちょう):3mm前後

●分布(ぶんぷ):ほぼ全国

●見られる季節(みられるきせつ):4~11月

●生態(せいたい):平地から山地の農耕地周辺や市街地などに生息するアブラムシの仲間。全体的に淡緑色で腹部の周辺が赤みを帯びるのが特徴。幼虫・成虫ともに植食性で様々な植物に寄生し、汁を吸う。主にイネ科類植物に寄生するが、秋季以降はサクラなどの樹木にも寄生する。

●珍しさ(めずらしさ):★☆☆☆☆ 南河内地域では平地から山地にかけての農耕地周辺に広く普通に見られる。市街地でも雑草や花壇などによく飛来する。

和名(わめい):ムギヒゲナガアブラムシ 学名(がくめい):Macrosiphum avenae

●全長(ぜんちょう):3mm前後

●分布(ぶんぷ):ほぼ全国

●見られる季節(みられるきせつ):4~11月

●生態(せいたい):平地から山地の農耕地周辺や市街地などに生息するアブラムシの仲間。全体的に淡緑色だが、秋季には赤みを帯びた個体も出現する。幼虫・成虫ともに植食性で様々な植物に寄生し、汁を吸う。ムギ類やイネ類を加害する害虫として扱われている。

●珍しさ(めずらしさ):★☆☆☆☆ 南河内地域では平地から山地にかけての農耕地周辺に広く普通に見られる。市街地でも雑草や花壇などによく飛来する。

和名(わめい):モンキクロカスミカメ 学名(がくめい):Deraeocoris ater

●全長(ぜんちょう):7~9mm前後

●分布(ぶんぷ):北海道・本州

●見られる季節(みられるきせつ):5~8月(成虫)

●生態(せいたい):山地の林縁や草地などに生息するカスミカメムシの仲間。全体的に光沢のある黒色で、翅の楔状部は橙赤色または白色の斑紋があるのが特徴。幼虫・成虫ともに雑食性で様々な植物に飛来して植物の汁を吸うほか、小さな昆虫も捕食する。山地のヨモギなどで多く見られる。

●珍しさ(めずらしさ):★★☆☆☆ 南河内地域では山地にかけての林縁部や草地で比較的普通に見られるが、個体数は多くない。

和名(わめい):ブチヒゲカメムシ 学名(がくめい):Dolycorys baccarum

●全長(ぜんちょう):10~15mm前後

●分布(ぶんぷ):北海道・本州・四国・九州

●見られる季節(みられるきせつ):5~10月(成虫)

●生態(せいたい):平地から山地の草地や農耕地周辺などに生息するカメムシの仲間。全体的に小豆色で小楯板は黄白色。名前の由来通り、触角が褐色と白色の縞模様なのが特徴。幼虫・成虫ともに食植性で様々な植物に飛来して植物の汁を吸う。イネ科やマメ科の作物にもよく飛来して加害するほか、斑点米カメムシの1種であり害虫として扱われている。

●珍しさ(めずらしさ):★☆☆☆☆ 南河内地域では平地から山地にかけての草地や農耕地周辺などで広く普通に見られる。

和名(わめい):ミナミアオカメムシ 学名(がくめい):Nezara viridula

●全長(ぜんちょう):12~15mm前後

●分布(ぶんぷ):本州・四国・九州・沖縄

●見られる季節(みられるきせつ):ほぼ一年中(成虫)

●生態(せいたい):平地から山地の草地や農耕地周辺などに生息するカメムシの仲間。全体的に基本的は緑色だが、赤褐色や赤色、桃色や黄色の帯がある個体など個体差がある。よく似た種類にアオクサカメムシがいるが、本種の方が細長く触角の先端部分が褐色であることで見分けられる。幼虫・成虫ともに食植性で様々な植物に飛来して植物の汁を吸う。イネ科やナス科など多くの作物にも飛来し、加害するほか斑点米カメムシの1種であり害虫として扱われている。

●珍しさ(めずらしさ):★☆☆☆☆ 南河内地域では平地から山地にかけての草地や農耕地周辺などで広く普通に見られる。南河内ではアオクサカメムシが減少する一方、本種は増加傾向にある。

和名(わめい):ミズカマキリ 学名(がくめい):Ranatra chinensis

●全長(ぜんちょう):40~45mm前後

●分布(ぶんぷ):ほぼ全国

●見られる季節(みられるきせつ):ほぼ一年中(成虫)

●生態(せいたい):平地から山地の湖沼や河川、農耕地周辺などに生息するミズカマキリの仲間。全体的に褐色で、名前の由来通りカマキリのような捕獲脚と長い呼吸管が特徴。幼虫・成虫ともに肉食性でほかの水生昆虫や魚類などを捕食する。成虫で越冬する。

●珍しさ(めずらしさ):★★☆☆☆ 南河内地域では平地から山地にかけての湖沼や河川、水田などの農耕地周辺で比較的普通に見られるが、個体数は多くない。南河内でも近年は減少傾向にあり、大阪府レッドリストでは準絶滅危惧種(NT)に指定されている。

和名(わめい):チャイロナガヒラタカメムシ 学名(がくめい):Neuroctenus argyraeus

●全長(ぜんちょう):5~7mm前後

●分布(ぶんぷ):本州・四国・九州・沖縄

●見られる季節(みられるきせつ):5~10月(成虫)

●生態(せいたい):山地の林内や林縁などに生息するヒラタカメムシの仲間。全体的に黒褐色で平べったい身体が特徴。朽木や朽木に生えるキノコ類の隙間で生活する。幼虫・成虫ともに菌類食性で朽木などに生えるキノコなどの菌類を食べていると考えられている。

●珍しさ(めずらしさ):★★☆☆☆ 南河内地域では平地から山地にかけての林内や林縁部で広く比較的普通に見られ、カシ類などの朽木に群生している姿を見かけることがある。

和名(わめい):ホシハラビロヘリカメムシ 学名(がくめい):Homoeocerus unipunctatus

●全長(ぜんちょう):12~15mm前後

●分布(ぶんぷ):ほぼ全国

●見られる季節(みられるきせつ):5~10月(成虫)

●生態(せいたい):平地から山地の草地や農耕地周辺などに生息するヘリカメムシの仲間。全体的に褐色で背面の黒色斑が特徴。よく似た種類にハラビロヘリカメムシがおり、しばしば混生するが、本種の方がやや細長く触角第2・3節が丸っこいので見分けられる。幼虫・成虫ともに食植性で主にマメ科植物に飛来して植物の汁を吸う。クズ上に多く見られる。時にダイズなどの作物にも飛来して加害することから害虫として扱われることもある。

●珍しさ(めずらしさ):★☆☆☆☆ 南河内地域では平地から山地にかけての草地や農耕地周辺などで広く普通に見られる。

和名(わめい):ホオズキカメムシ 学名(がくめい):Acanthocoris sordidus

●全長(ぜんちょう):10~13mm前後

●分布(ぶんぷ):本州・四国・九州・沖縄

●見られる季節(みられるきせつ):5~10月(成虫)

●生態(せいたい):平地から山地の草地や農耕地周辺などに生息するヘリカメムシの仲間。全体的に黒褐色で毛が多く、大きな腿節が特徴。幼虫・成虫ともに食植性で主にナス科植物に飛来して植物の汁を吸う。ナスやトマトなどナス科の作物によく飛来し、加害することから害虫として扱われている。

●珍しさ(めずらしさ):★☆☆☆☆ 南河内地域では平地から山地にかけての草地や農耕地周辺などで広く普通に見られる。

和名(わめい):ヒメハナカメムシの仲間 学名(がくめい):Orius spp.

●全長(ぜんちょう):2mm前後

●分布(ぶんぷ):本州・四国・九州・沖縄

●見られる季節(みられるきせつ):ほぼ一年中(成虫)

●生態(せいたい):平地から山地の草地や農耕地周辺などに生息するハナカメムシの仲間。頭胸部は光沢のある黒色で翅は淡褐色。名前の由来通り非常に小さい。幼虫・成虫ともに捕食性の強い雑食性で様々な雑草や作物上に飛来し、小さな昆虫を捕食するほか、植物も吸汁する。アザミウマ類やアブラムシ類、ハダニ類など農薬が効きにくい害虫に対する有効な生物防除資材として利用されることもある。成虫で越冬し、ケヤキなどの樹皮下で見られる。

●珍しさ(めずらしさ):★☆☆☆☆ 南河内地域では平地から山地にかけての草地や農耕地周辺などで広く普通に見られる。南河内では5種が存在し、うち4種(ナミ・タイリク・コ・ツヤ)が普通に見られるが、いずれも非常に似通っており野外での識別はほぼ不可能。

和名(わめい):ヒメナガカメムシ 学名(がくめい):Nysius plebeius

●全長(ぜんちょう):5mm前後

●分布(ぶんぷ):本州・四国・九州・沖縄

●見られる季節(みられるきせつ):4~11月(成虫)

●生態(せいたい):平地から山地の草地や農耕地周辺などに生息するナガカメムシの仲間。全体的に灰褐色で背面に点刻が多いのが特徴。幼虫・成虫ともに植食性の強い雑食性で様々な植物に寄生して植物の汁を吸うほか、昆虫の死骸などを吸うこともある。イネ科雑草やキク科雑草に多く見られ、園芸種に飛来して加害することもある。

●珍しさ(めずらしさ):★☆☆☆☆ 南河内地域では平地から山地にかけての草地や農耕地周辺などで広く普通に見られる。市街地の公園などでも雑草上や花壇で見かけることがある。

和名(わめい):ヒメオオメナガカメムシ 学名(がくめい):Geocoris proteus

●全長(ぜんちょう):3mm前後

●分布(ぶんぷ):本州・四国・九州

●見られる季節(みられるきせつ):4~11月(成虫)

●生態(せいたい):平地から山地の草地や農耕地周辺などに生息するナガカメムシの仲間。全体的に光沢のある黒色~黄褐色で頭部と足は黄褐色。名前の由来通り目立つ大きな複眼が特徴。よく似たオオメナガカメムシとしばしば混生するが、本種はより小さい。幼虫・成虫ともに雑食性で様々な植物に寄生して植物の汁を吸うほか、小昆虫もよく捕食する。その捕食性からオオメナガカメムシとともに生物防除資材として利用されることもある。

●珍しさ(めずらしさ):★☆☆☆☆ 南河内地域では平地から山地にかけての草地や農耕地周辺などで広く普通に見られる。市街地の公園などでも雑草上で見かけることがある。

ナナフシ類 南河内の昆虫類


和名(わめい):エダナナフシ 学名(がくめい):Phraortes illepidus

●全長(ぜんちょう):70~100mm前後

●分布(ぶんぷ):本州・四国・九州

●見られる季節(みられるきせつ):5~11月

●生態(せいたい):平地から山地の林縁や草地などに生息するナナフシの仲間。全体的に緑色or褐色or中間で細長い多形で翅はなく、ナナフシモドキと違って触角は長いのが特徴。植食性で各種植物の葉などを食べる。捕まえると擬死(死んだふり)をする。雄は非常に珍しく、通常雌のみで単為生殖を行う。

●珍しさ(めずらしさ):★☆☆☆☆ 南河内地域では平地から山地にかけての林縁や草地周辺などで普通に見られる。市街地では少ないが、公園や農耕地に近い場所など緑の多い場所なら見れることもある。


和名(わめい):トゲナナフシ 学名(がくめい):Neohirasea japonica

●全長(ぜんちょう):60~70mm前後

●分布(ぶんぷ):本州・四国・九州・沖縄

●見られる季節(みられるきせつ):5~12月

●生態(せいたい):山地の林内に生息するナナフシの仲間。全体的に褐色~黒褐色でがっしりした体つきで翅はなく、多数のとげ状の突起が特徴。植食性で各種植物の葉などを食べる。捕まえると擬死(死んだふり)をする。雄は非常に珍しく、通常雌のみで単為生殖を行う。

●珍しさ(めずらしさ):★★☆☆☆ 南河内地域では平地から山地にかけての林内や農耕地周辺などで比較的普通に見られる。山地の林内に多いが、秋遅くには市街地で見られることもある。

和名(わめい):ナナフシモドキ 学名(がくめい):Ramulus mikado

●全長(ぜんちょう):60~80mm前後

●分布(ぶんぷ):本州・四国・九州

●見られる季節(みられるきせつ):5~10月

●生態(せいたい):平地から山地の林内や草地などに生息するナナフシの仲間。全体的に緑~褐色で触角は短く、翅はない。植食性で各種植物の葉などを食べる。捕まえると擬死(死んだふり)をする。雄は非常に珍しく、通常雌のみで単為生殖を行う。

●珍しさ(めずらしさ):★☆☆☆☆ 南河内地域では平地から山地にかけての林内や農耕地周辺などで広く普通に見られる。


和名(わめい):タイワントビナナフシ 学名(がくめい):Sipyloidea sipylus

●全長(ぜんちょう):70~85mm前後

●分布(ぶんぷ):本州・四国・九州・南西諸島

●見られる季節(みられるきせつ):10~12月

●生態(せいたい):平地から山地の林縁や農耕地周辺などに生息するナナフシの仲間。全体的に褐色~淡褐色で触角は非常に長く、長い翅を持つ。植食性で各種植物の葉などを食べる。捕まえると擬死(死んだふり)をし、ゴボウのような臭いを放つ。単為生殖で雌だけで繁殖する。

●珍しさ(めずらしさ):★★☆☆☆ 南河内地域では平地から山地にかけての林内や農耕地周辺などで見られるが、局所的で個体数も多くない。かつては非常に稀な種であったが、近年は発見例が増えている。観葉植物などについて各地に拡がったとされ、温暖化の影響もあって北上している可能性がある。

カマキリ類 南河内の昆虫類


和名(わめい):ハラビロカマキリ 学名(がくめい):Hierodula patellifera

●全長(ぜんちょう):50~70mm前後

●分布(ぶんぷ):本州・四国・九州・沖縄

●見られる季節(みられるきせつ):6~11月

●生態(せいたい):平地から山地にかけての林縁や農耕地周辺などに生息するカマキリの仲間。全体的に緑色or褐色でずんぐりとした体型が特徴。樹上性で雑木林や果樹園など樹木の樹上で生活する。肉食性で昆虫類などを捕食する。

●珍しさ(めずらしさ):★☆☆☆☆ 南河内地域では平地から山地にかけての林縁や農耕地周辺などで普通に見られる。市街地でも樹木の枝などで比較的普通に見られる。


和名(わめい):コカマキリ 学名(がくめい):Statilia maculata

●全長(ぜんちょう):45~60mm前後

●分布(ぶんぷ):本州・四国・九州

●見られる季節(みられるきせつ):6~11月

●生態(せいたい):平地から山地にかけての草地や農耕地周辺などに生息するカマキリの仲間。全体的に褐色だが、稀に緑みを帯びた個体もいる。前脚の腿節には白・黒・ピンクの斑紋があるのが特徴。肉食性で昆虫類などを捕食する。

●珍しさ(めずらしさ):★☆☆☆☆ 南河内地域では平地から山地にかけての草地や農耕地周辺などで普通に見られる。木の枝などに産卵する。


和名(わめい):オオカマキリ 学名(がくめい):Tenodera arridifolia

●全長(ぜんちょう):75~95mm前後

●分布(ぶんぷ):北海道・本州・四国・九州

●見られる季節(みられるきせつ):5~12月

●生態(せいたい):平地から山地にかけての草地や農耕地周辺などに生息するカマキリの仲間。日本では最大のカマキリ。全体的に褐色~緑褐色。チョウセンカマキリと似ているが、より大型で後翅の色が濃いことと前脚の付け根の色が黄色なので見分けられる。肉食性で昆虫類などを捕食するほか、小型のカエル類やネズミ類なども捕食することもある。向こうから攻撃してくることはないが、凶暴なので触るときは注意が必要。

●珍しさ(めずらしさ):★☆☆☆☆ 南河内地域では平地から山地にかけての草地や農耕地周辺などで普通に見られる。チョウセンカマキリが水田など湿った場所に多いのに対して、本種は幅広い環境で見られる。晩秋には丘陵地などのツツジ類に産卵していることが多い。


和名(わめい):ヒナカマキリ 学名(がくめい):Amanthis nawai

●全長(ぜんちょう):20mm前後

●分布(ぶんぷ):本州・四国・九州

●見られる季節(みられるきせつ):7~12月

●生態(せいたい):山地の林内や林縁などに生息するカマキリの仲間。日本で最も小さいカマキリで全体的に褐色。雄には小さな翅があるが、ほぼ退化していて飛べない。落ち葉など林床を素早く動いて活動する。幼虫・成虫ともに肉食性で小さな昆虫などを捕食する。

●珍しさ(めずらしさ):★★★☆☆ 南河内地域では低山地から山地にかけて広く見られるが、個体数は少ない。成虫は秋遅くまで出現し、稀に冬まで活動している個体を見ることがある。本種がたくさん見れる環境が減っていることから大阪府レッドリストでは準絶滅危惧種(NT)に指定されている。


和名(わめい):ヒメカマキリ 学名(がくめい):Acromantis japonica

●全長(ぜんちょう):30~35mm前後

●分布(ぶんぷ):本州・四国・九州・南西諸島

●見られる季節(みられるきせつ):7~12月

●生態(せいたい):山地の雑木林周辺などに生息するカマキリの仲間。小型でややずんぐりとした体型で全体的に褐色の個体が多いが、緑みを帯びた個体もいる。触角を細かく振動させるているのが特徴。幼虫・成虫ともに肉食性で昆虫などを捕食する。

●珍しさ(めずらしさ):★★☆☆☆ 南河内地域では低山地から山地にかけて広く比較的普通に見られる。成虫は秋遅くまで出現し、稀に冬まで活動している個体を見ることがある。


和名(わめい):チョウセンカマキリ 学名(がくめい): Tenodera angustipennis

●全長(ぜんちょう):65~80mm前後

●分布(ぶんぷ):本州・四国・九州・南西諸島

●見られる季節(みられるきせつ):5~11月

●生態(せいたい):平地から山地の草地や農耕地周辺などに生息するカマキリの仲間。全体的に褐色みを帯びた緑色だが、褐色や緑色に近い個体もいる。よく似た種類にオオカマキリがいるが、本種はやや小型であり、前脚の付け根が橙色であることや後翅の色、水田などに多いことから見分けられる。幼虫・成虫ともに肉食性で昆虫などを捕食する。夜間、街灯などに飛来することもある。

●珍しさ(めずらしさ):★★☆☆☆ 南河内地域では平地から山地にかけて広く比較的普通に見られるが、オオカマキリよりは少ない傾向にある。