ハチ類

和名(わめい):ムネアカオオアリ 学名(がくめい): Camponotus obscuripes

●全長(ぜんちょう):7~12mm前後

●分布(ぶんぷ):北海道・本州・四国・九州

●見られる季節(みられるきせつ):3~11月

●生態(せいたい):山地の林内や草地などに生息する大型のアリの仲間で日本最大のアリ類。全体的に黒色で胸から腹部前方にかけて赤いのが特徴。林内の土中に営巣する。クロオオアリに一時的に社会寄生する場合もある。雑食性でほかの昆虫を捕食するほか、アブラムシ類の甘露や植物の蜜なども吸う。

●珍しさ(めずらしさ):★☆☆☆☆ 南河内地域では平地から山地に広く普通に見られるが、平地では稀。

和名(わめい):ヒラアシクサアリ(クサアリモドキ) 

学名(がくめい): Lasius spathepus

●全長(ぜんちょう):3.5~4.5mm前後

●分布(ぶんぷ):北海道・本州・四国・九州

●見られる季節(みられるきせつ):3~11月

●生態(せいたい):平地から山地の陽当たりの林内や林縁などに生息するやや小型のアリの仲間。全体的に光沢のある黒色で腹柄節は先端が△形状で尖る。半樹上生活を行い、樹木の根際に営巣する。雑食性でほかの昆虫を捕食するほか、アブラムシ類の甘露や植物の蜜なども吸う。捕まえるとサンショウのような独特の匂い(化学物質)を出す。

●珍しさ(めずらしさ):★☆☆☆☆ 南河内地域では平地から山地に広く普通に見られる。よく似たクロクサアリ類が人家の庭先や公園など人為的な環境に多いのに対し、本種は雑木林など林内に多いが、両者混生する場合もしばしばある。

和名(わめい):ハリブトシリアゲアリ 学名(がくめい): Crematogaster matsumurai

●全長(ぜんちょう):2~3.5mm前後

●分布(ぶんぷ):北海道・本州・四国・九州

●見られる季節(みられるきせつ):3~11月

●生態(せいたい):平地から山地の陽当たりの良い草地や裸地などに生息する小型のアリの仲間。全体的に褐色で腹部は黒褐色で扁平になり、腹端が上にそりあがるのが特徴。樹上生活を行い、環境に拘らず樹上に営巣する。雑食性でほかの昆虫を捕食するほか、アブラムシ類の甘露や植物の蜜なども吸う。

●珍しさ(めずらしさ):★☆☆☆☆ 南河内地域では平地から山地に広く普通に見られる。市街地の公園や人家の庭先など樹木のある環境なら比較的どこでも見られる身近なアリの一つ。

和名(わめい):ハヤシケアリ 学名(がくめい): Lasius hayashi

●全長(ぜんちょう):3.5~4.5mm前後

●分布(ぶんぷ):北海道・本州・四国・九州

●見られる季節(みられるきせつ):3~11月

●生態(せいたい):平地から山地の陽当たりの良い林内などに生息するやや小型のアリの仲間。頭部と腹部は黒褐色で胸部は褐色の2色のアリ類。林内環境に営巣し、巣は根際の土中に作る。雑食性でほかの昆虫を捕食するほか、アブラムシ類の甘露を吸う。近縁種のトビイロケアリとともにアブラムシの保護をよく行い、樹木の幹に蟻道を作り中でクチナガオオアブラムシ類を保護利用する。

●珍しさ(めずらしさ):★☆☆☆☆ 南河内地域では平地から山地に広く普通に見られるが、やや山地沿いに多く、市街地では稀。

和名(わめい):ハヤシクロヤマアリ 学名(がくめい): Formica hayashi

●全長(ぜんちょう):5~7mm前後

●分布(ぶんぷ):北海道・本州・四国・九州

●見られる季節(みられるきせつ):3~11月

●生態(せいたい):平地から山地の陽当たりの良い林内や林縁などに生息する中型のアリの仲間。全体的に褐色みを帯びた黒色。林内に営巣する。クロヤマアリと似ているが、生息場所の違いや身体がやや大きいこと、腹部の立毛がほとんどないことなどから見分けられる。雑食性でほかの昆虫を捕食し、アブラムシ類の甘露や植物の蜜なども吸う。春先に翅をもった有翅虫が出現する。

●珍しさ(めずらしさ):★☆☆☆☆ 南河内地域では平地から山地に広く普通に見られるが、やや山地沿いに多い。開けた環境に多いクロヤマアリに対し、雑木林など林内に多い。両方の環境がある場所では混生することもしばしばある。

和名(わめい):トビイロシワアリ 学名(がくめい): Tetramorium tsushimae

●全長(ぜんちょう):2~2.5mm前後

●分布(ぶんぷ):北海道・本州・四国・九州

●見られる季節(みられるきせつ):3~11月

●生態(せいたい):平地から山地の陽当たりの良い草地や裸地などに生息する小型のアリの仲間。全体的に黒褐色で腹部には全身に立毛があり、短い前伸腹節刺がある。大きさには個体差がありコロニーによって異なる。開けた環境に営巣する。雑食性でほかの昆虫を捕食したり、植物の蜜を吸ったりする。

●珍しさ(めずらしさ):★☆☆☆☆ 南河内地域では平地から山地に広く普通に見られる。市街地の公園や人家の庭など人為的な攪乱のある場所でも普通に見られる身近なアリの一つ。

和名(わめい):サムライアリ 学名(がくめい): Polyergus samurai

●全長(ぜんちょう):7mm前後

●分布(ぶんぷ):北海道・本州・四国・九州

●見られる季節(みられるきせつ):7~9月

●生態(せいたい):平地から山地の陽当たりの良い草地や裸地などに生息する中型のアリの仲間。全体的に黒色。開けた環境に営巣する。クロヤマアリ類と似ているが、やや細長くて腹柄節の先端は丸っこく、大あごはカマ状なので見分けられる。大あごは戦闘に特化し自分では餌を採ることができず、クロヤマアリ類を奴隷とし、巣内の役務をさせ食べさせてもらう。真夏の午後にかけてクロヤマアリ類の巣を襲撃し、幼虫や蛹を奪って持ち帰る奴隷にする「奴隷狩り」という独特の習性をもつ。

●珍しさ(めずらしさ):★★★☆☆ 南河内地域では平地から山地に広く見られるが、山地は局地的。市街地の公園などでも見られることがある。国際的な希少種でIUCNのレッドリストでは絶滅危惧Ⅱ類(VU)に指定されている。

和名(わめい):クロヤマアリ 学名(がくめい): Formica japonica

●全長(ぜんちょう):4~6mm前後

●分布(ぶんぷ):北海道・本州・四国・九州

●見られる季節(みられるきせつ):3~11月

●生態(せいたい):平地から山地の陽当たりの良い草地や裸地などに生息する中型のアリの仲間。全体的に褐色身を帯びた黒色。開けた環境に営巣する。雑食性でほかの昆虫を捕食するほか、アブラムシの甘露や花の蜜なども吸う。春先に翅をもった有翅虫が出現する。

●珍しさ(めずらしさ):★☆☆☆☆ 南河内地域では平地から山地に広く普通に見られ、平地に多い。人家周辺や市街地でも普通にみることができる身近なアリの一つ。実は複数の隠蔽種が存在しており、クロヤマアリの名称は正しくはないが、ここではクロヤマアリとする。

和名(わめい):クロヒメアリ 学名(がくめい): Monomorium chinense

●全長(ぜんちょう):1.5mm前後

●分布(ぶんぷ):本州・四国・九州・沖縄

●見られる季節(みられるきせつ):3~11月

●生態(せいたい):平地から山地の陽当たりの良い草地や裸地などに生息する小型のアリの仲間。全体的に褐色を帯びた光沢のある黒色で全身に細かい毛がある。開けた環境に営巣する。雑食性でほかの昆虫を捕食したり、植物の蜜などを吸う。秋に有翅虫が出現する。

●珍しさ(めずらしさ):★☆☆☆☆ 南河内地域では平地から山地に広く普通に見られる。市街地の公園や草地など人為的攪乱のある場所に多い。在来種だが、園芸植物についたりして荷物として運搬され、国内外来種として元々生息していない地域で見つかることもある。

和名(わめい):クロオオアリ 学名(がくめい): Camponotus japonicus

●全長(ぜんちょう):7~12mm前後

●分布(ぶんぷ):北海道・本州・四国・九州

●見られる季節(みられるきせつ):3~11月

●生態(せいたい):平地から山地の陽当たりの良い草地や裸地などに生息する大型のアリの仲間。全体的に黒色で腹部には金色の毛が多数ある。開けた環境に営巣する。肉食性の強い雑食性でほかの昆虫を捕食し、特にほかのアリ類を捕食する。春先に翅をもった有翅虫が出現する。

●珍しさ(めずらしさ):★☆☆☆☆ 南河内地域では平地から山地に広く普通に見られるが、やや山地沿いに多い。市街地の公園など人為的な攪乱のある場所でもある程度見られる。

和名(わめい):クロムネアオハバチ 学名(がくめい):Tenthredo nigropicta

●全長(ぜんちょう):10~15mm前後

●分布(ぶんぷ):北海道・本州・四国・九州

●見られる季節(みられるきせつ):4~7月

●生態(せいたい):平地から山地の林内や林縁などに生息するハバチの仲間。全体的に黄緑色で背面には頭部から腹部にかけて黒色の斑紋が多数がある。幼虫は植食性でササ類の葉を食べる。成虫は肉食で他の小さな昆虫類を捕食する。

●珍しさ(めずらしさ):★★☆☆☆ 南河内地域では平地から山地にかけて広く比較的普通に見られるが、平地では少なく山地沿いに多い。

和名(わめい):ハラアカヤドリハキリバチ 学名(がくめい):Euaspis basalis

●全長(ぜんちょう):10~15mm前後

●分布(ぶんぷ):北海道・本州・四国・九州

●見られる季節(みられるきせつ):6~9月

●生態(せいたい):平地から山地の農耕地周辺などに生息するハキリバチの仲間。全体的に黒色で腹部は橙色。成虫は花の蜜などを吸う。オオハキリバチの社会寄生種で、オオハキリバチの巣に寄生する。ほかにも人家の隙間や竹筒などに営巣することもある。

●珍しさ(めずらしさ):★★☆☆☆ 南河内地域では平地から山地にかけて広く比較的普通に見られるが、個体数は少ない。オオハキリバチが人家の柱にも巣を作るため、人家にも来ることがある。