大阪府 石川流域飛鳥川でのカミツキガメ捕獲

▶6月1日

6月1日地元の方(当会所属の飛鳥川じゃこ取りネットワークの方)から情報ありました。

ご連絡いただいた写真


▶6月2〜3日

事前の調査を重ねた結果生息している地点を確認しました。

事前調査時の映像はこちら



▶6月4日

それらを踏まえて6月4日カミツキガメ(特定外来生物)の捕獲に行って参りました。 場所は職場近所の川幅2〜3mくらいの飛鳥川で、自然観察会など子ども達も入る河川。


 事前に行政や警察機関各所に連絡し立ち会いのもと捕獲を実施。

捕獲後は遺失防止のためしっかりとパッキングして行政に引き取っていただきました。(法的な取り扱いについては環境省の近畿地方環境事務所にお聞きしました)


 今回の個体はメスで、甲長33cm甲幅41cm体重8kg overとなかなか大型でした。


誰一人怪我など無く捕獲出来て良かったです。  



近隣の方の話では、飛鳥川でカルガモが子育てしていたけれど、初めは10羽くらいいた雛が日に日に数を減らしていたとか、実際にこのカミツキガメが野鳥の死骸を食べていたとのこと。 

弱肉強食は自然の摂理と言ってしまえばそれまでですが、この狭い小川の環境(登れない高さの堰が何カ所かある)の中で、今回の個体のような獰猛な外来生物の存在は決して無視出来ない影響があると思います。 


しかし外来生物と言えど、生きる為には喰わねばなりません。何処かの無責任な人間が離した場所で、こうして周りのものを食べて生きているというのが現状です。

 個人的な見解になりますが、 安易にペットショップなどで購入し、大きく育ち過ぎて手に負えず、飼えなくなったから川などへ逃す…。 

今回の個体もそうなのかもしれません。(カミツキガメは現在では特定外来生物に指定されているので、新規に飼養する場合は環境省などの許可が必要です) 命ある生き物を飼うということは、その命に自身が責任を負うということをわかって欲しいです。「可哀想だから」という理由で野外に逃す話が珍しく無いですが、「無責任に放たれる」ことが一番「可哀想」だと自分は感じます。こうした「可哀想」な事例がなくなることを祈っております。


すべて完了後、富田林土木事務所の方が看板を設置されておられました。


カミツキガメについて  

和名(わめい):カミツキガメ 

学名(がくめい):Chelydara serpentine spp. 

●全長(ぜんちょう):最大50cm前後(甲羅の大きさ) 

●分布(ぶんぷ):アメリカ合衆国・カナダ・中南米 

●見られる季節(みられるきせつ):ほぼ一年中 

●生態(せいたい):平地から山地の河川、湖沼、ため池などの水辺域で見られるカメの仲間。アメリカ大陸からの外来種として日本各地に侵入・放流、もしくは定着している。

大きな頭部と長い首が特徴で、脚・甲羅ともに頑強で強い印象を受ける。夜行性。捕食性の強い雑食性で魚類や水生昆虫、水生植物などを食べる。

寿命は長く30年以上生きうるとされる。1960年代にアメリカからペットして多数が輸入され、その後飼いきれなくなって捨てられたりして野生化している。 


●危険度(きけんど):★★★★☆ 攻撃的な性格に加え、あごの力が非常に強く、大型個体に咬まれると大ケガは免れないなど非常に危険。強い捕食性と繁殖力により、地域生物群集に影響を及ぼすほか、在来カメ類との競合が危惧されており、2005年に特定外来生物に指定されている。  


参考文献:多紀保彦(監)・財団法人自然環境研究センター(編).2008.決定版 日本の外来生物.平凡社.480pp. 


6月1日の様子

6月1日に飛鳥川を散歩されていた方が撮影された写真です。

ふつうのカメではないということで情報提供をいただきました。


6月2日の様子

6月2日に調べてみると以下の動画を撮影できました↓


6月4日の様子

6月4日に撮影された写真をいただきました。健在です!



▶カミツキガメ

おそらく、外見から判断したところ北米原産のカミツキガメではないかということになりました。

また、発見された現場から下流に1km程下った地点では5月20日ころ小学生がカミツキガメを見つけたという情報も入っています。

1個体だけでは無い可能性があります。

そこで、石川流域・飛鳥川支流域でカミツキガメや普段見ないカメを目撃された情報をご提供いただければ幸いです。



▶情報提供先

南河内水生生物研究会

メールアドレス:sk.suisei@gmail.com

写真などもあればお送りいただければ幸いです。


▼▽カミツキガメについてはこちら▼▽


カテゴリー その他の外来生物 



自然分布地域

中国中・南部、台湾、ミャンマー、ベトナム、ラオスなど 


日本に侵入した経緯

ペットとして輸入されたものが逸出し野生化したと考えられる。 



一般的な生態

河川、農地、草地などを好む。雑食で種子や地中に住む甲虫の幼虫やバッタなどの昆虫を食べる。樹の洞や、人口構造物の隙間でも営巣する。 


被害状況

同じ生態のムクドリとの競合が考えられるが詳しいことは判っていない。 


河内長野市での分布

高向周辺で観察された1例を除き、河内長野市市北部の汐ノ宮周辺の住宅街で集中して観察されいる。巣があると思われる場所への餌運搬も確認されおり、市内で繁殖しているものと考えられる。

 

カテゴリー 特定外来生物 

自然分布地域

中国中・南部、ミャンマー西部、ベトナム北東部、インド北東部など


日本に侵入した経緯

安価であるため、ペットとして大量に輸入されたものが逸出し野生化した。


一般的な生態

低山から山地のササの多い環境に生息する。冬季には低地に降りてきて大きな群れとなる。雑食で果実、種子、昆虫などを食べる。   


被害状況

ウグイスと餌や営巣場所をめぐり競合するほか、捕食者をおびき寄せ結果として在来種を脅かしている。 


河内長野市での分布

標高の高い地域を除きほぼ全域に分布。多種を圧して優占種となっている。 

カテゴリー 特定外来生物 

自然分布地域 北米 


日本に侵入した経緯

1977年アニメ「アライグマラスカル」のヒットにより北米よりペットとして多く輸入された。しかし成長するにしたがって性格が狂暴になるため、飼育を断念した飼い主たちにより放逐され、1990年頃から国内の野外で生息が観察されようになった。 


一般的な生態

水辺の近くの森林に生息するが、適応力が高く農耕地や大阪市や堺市などの都市部でも生息が確認されている。雑食で水生昆虫、魚類、甲殻類、哺乳類、鳥類(卵・雛を含む)などを捕食し、農作物も食害する。住宅の庭に入り込みドッグフードなどペットの食べ残しなどを盗み食いすることもある。夜行性で主に地上で採餌するが木登りも巧みで果樹園などで樹に上り果実も食べる。繁殖は樹洞や屋根裏などの閉鎖された空間で行う。 


被害状況

在来の水生生物・両生爬虫類・鳥類(巣内の卵やヒナ)などを捕食する。北海道ではアオサギの集団繁殖地を襲って壊滅させたほか、国の天然記念物であるオジロワシの巣に登った記録があるなど国内の生態系に与えている被害は甚大で深刻。農作物の食害も平成28年度の大阪府資料では果樹・野菜などに3,000万円近い被害があったとされる。人気の少ない家屋や社寺等文化財の屋根裏に侵入して繁殖するため、糞尿等による被害も発生している。 


対策実施状況

2002年初めて大阪府内で有害鳥獣捕獲で捕獲される(茨木市4頭、河内長野市4頭)。2005年「特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律(外来生物法)」施行。2007年から「外来生物法」による捕獲が開始されている。 


河内長野市での分布

急峻な山地を除きほぼ全域に分布すると考えられるが、山地よりは低地の林と畑地が混在する環境に多く生息している可能性が高い。自動撮影カメラによる調査では春から秋にかけて畑地周辺の林縁部での撮影頻度が高く、冬季には林内での頻度が多くなる傾向が確認された。季節によって餌の多い場所を選択して行動していると考えられる。 

カテゴリー 特定外来生物 

自然分布地域 マダガスカル 


日本に侵入した経緯

飼料用作物や緑化用植物の種子に紛れて侵入したとされる。国内では開発に伴う土砂搬入などに混入して拡大したと指摘されている。 


一般的な生態

裸地や空き地など人為的な攪乱地のほか、農耕地、河川敷、海岸など明るく開けた環境に広く生息する。 


被害状況

アレロパシーによる在来植物への影響のほか、誤食による畜産動物への中毒被害が考えられる。 


河内長野市での分布

山間部を含めた市内に広く分布する。市内ではオオキンケイギクほど多くはないが、こちらは河川敷や公園、裸地などを中心に分布が拡大しつつある。 

カテゴリー なし 

 自然分布地域 ヨーロッパ地中海地域  

日本に侵入した経緯非意図的移入

(詳細不明) 


国内での影響 在来種,畑作物との競合.穀類のソルガム(こうりゃん高粱)と交雑が指摘されている. 


影響を受ける生物

在来植物,農作物 公園周辺での状況 河川内や堤防法面などに広く侵入。人間の靴や自動車のタイヤ、野鳥などとともに種子が散布されて大きく分布域を広げていると思われる。成長すると高さ2m以上に大繁茂し、道路沿いなどで通行障害の原因となる。機械除草では地下茎からの再成長が著しく速いため、効果が出にくい   

カテゴリー 特定外来生物 


自然分布地域

ヨーロッパ~アジア北部 日本に侵入した経緯不明.国内の最初の記録は1867年の神奈川県 


国内での影響 

在来種との競合,


遺伝的撹乱等 影響を受ける生物

在来種のカワヂシャ V. undulata と交雑.西日本では雑種ホナガカワヂシャ V. × myriantha に置き換わりつつある.


河川公園周辺での状況 

河川内や護岸の水際に侵入。少しずつ分布を拡大していると考えられえる 


カテゴリー 特定外来生物


自然分布地域 北アメリカ 


日本に侵入した経緯非意図的移入

アメリカやカナダからの輸入大豆に種子が混入,豆腐屋を中心に拡大したといわれる.近年は飼料畑・河川敷に多く見られる.  


国内での影響

 河川敷などの在来種,畑作物,イネ,造林木との競合 


影響を受ける生物

河川敷などの在来種,畑作物,イネ,造林木 公園周辺での状況 河川内や堤防法面などに広く侵入。流域上流からの種子供給もあると考えられる。除草などで、果実付近の鋭いトゲが刺さると激痛を伴う。 

カテゴリー 特定外来生物 


自然分布地域

北アメリカ 日本に侵入した経緯観賞用,緑化用として導入 国内での影響


被害状況

アレロパシーによる在来植物への影響や送粉生態系への影響が考えられる。派手な見た目から庭先や空き地などに植栽されることが多い。 



石川河川公園周辺での状況

 富田林市域、羽曳野市域に侵入。 5月ごろ結実前に抜き取りの除草を実施。 一方で近隣住民が特定外来生物外来生物と知らずに持ち帰って移植したという報告もある。 



河内長野市での分布

山間部を含めた市内に広く分布する。外環や市街地を中心に分布が拡大しつつある。 

カテゴリー 要注意外来生物 


自然分布地域

南米 日本に侵入した経緯食用.農民の副業として養殖された. 台湾から導入 


日本に侵入した経緯

1981年にすでに導入済みであった台湾から食用として大量に輸入されて以降、各地に導入され定着。現在も分布拡大を続けており、関東以南の地域に広く分布している。国内では養殖個体の逸脱や放逐によって広まったほか、水田の土砂搬入や河川の増水による流されての侵入が指摘される。 


一般的な生態

農耕地の水田やため池などに生息し、市街地の水景園などでも見られることもある。植物食の強い雑食性で藻類や水草、動物の死骸などを食べる。水上の水草や人工物などに目立つピンク色の卵塊を産み付ける。 


国内での影響 

稲,レンコン,イグサなどの農作物を食害.特に九州などでの被害が深刻. 


影響を受ける生物

稲,レンコン,ミズイモ,イグサなど


対策実施状況

農業への経済被害や生態系への影響から要注意外来生物に指定されている。大阪府内では農耕地や水域を中心に各地に定着している。特定外来生物ではないが、植物防疫の関係上、輸入が禁止されており、発見した場合は防除するよう各自治体へ指導が行われている。河内長野市内でも各地で散見されるが、今のところ、防除対策は実施されていない。  


河川公園周辺での状況 

]河川内の流速の弱い半止水域や流域上流(農水路など)からの供給があると考えられる。一部で繁殖も確認。 


河内長野市での分布

全国的に拡がったのは1980年代であり、過去の記録から市内では少なくとも1990年代には侵入していると考えられ、2000年以降に市内に広く分散したと思われる。市内では高標高地および河川上流部を除く山地から低地にかけての農耕地(水田・ため池)や水域(河川・湖沼)、市街地に広く生息している。