和名(わめい):ホシホウジャク 学名(がくめい): Macroglossum pyrrhostica

●全長(ぜんちょう):20~25mm前後(前翅長)

●分布(ぶんぷ):ほぼ全国

●見られる季節(みられるきせつ):5~10月

●生態(せいたい):平地から山地の明るい草地や林縁、市街地に生息するスズメガの仲間。翅は全体的に褐色で後翅には橙~黄色の帯が広がるのが特徴。腹部にも黄色の帯がある。幼虫・成虫ともに植食性で幼虫はヘクソカズラなどのアカネ科植物の葉を食べる。成虫は各種花に訪花し蜜を吸う。ホバリングしながら吸蜜する姿はハチドリを彷彿させる。

●珍しさ(めずらしさ):★☆☆☆☆ 南河内地域では平地から山地に広く普通に見られる。明るい場所を好み、市街地の花壇の周りなどをうろちょろしていることが多い。

和名(わめい):アサマイチモンジ 学名(がくめい): Limenitis glorifica

●全長(ぜんちょう):30mm前後(前翅長)

●分布(ぶんぷ):本州

●見られる季節(みられるきせつ):5~10月

●生態(せいたい):平地から高地の草地や林縁などに生息するタテハチョウの仲間。翅は全体的に鈍い青みを帯びた黒褐色で前翅と後翅にイチモンジチョウと同じような白い斑紋列と後縁に黒点列がある。しばしば混生することもあるイチモンジチョウとよく似ているが、本種は日本の本州しか生息せず、前翅の白点列の4番目がイチモンジチョウではほかの白点より小さいのに対し、本種はほかの白点と同じ大きさなので見分けられる。幼虫・成虫ともに植食性で幼虫はスイカズラなどのスイカズラ科植物の葉を食べる。成虫は各種花に訪花し蜜を吸うほか、地面に降りて吸水したり、動物の糞尿なども吸う。

●珍しさ(めずらしさ):★★☆☆☆ 南河内地域では平地から山地に広く比較的普通に見られる。イチモンジチョウより分布域が狭く、日本固有種ということもあり通常は希少種なのだが、南河内においては本種の方が優占種であることが多い。

和名(わめい):ホシミスジ 学名(がくめい): Nepitis pryeri pryeri

●全長(ぜんちょう):30mm前後(前翅長)

●分布(ぶんぷ):本州・四国・九州

●見られる季節(みられるきせつ):5~11月

●生態(せいたい):平地から高地の草地や林縁、公園などに生息するタテハチョウの仲間。翅は全体的に青みを帯びた茶褐色で前翅と後翅にミスジチョウのような白い斑紋がある。翅裏面にはほかのミスジチョウ類にはない、黒点が翅の付け根周辺にあるのが特徴。植食性で幼虫はシモツケやユキヤナギなどのバラ科植物の葉を食べる。かつては珍チョウであったが、鑑賞植物として植栽されるユキヤナギがあちこちに植えられるようになったために普通種になった。成虫は各種花に訪花し蜜を吸うほか、地面に降りて吸水したり、動物の糞尿なども吸う。

●珍しさ(めずらしさ):★★☆☆☆ 南河内地域では平地から山地に広く比較的普通に見られるが、個体数は多くない。日当たりの良い場所で翅を開いて日光浴している姿を目にする機会が多い。

和名(わめい):オオチャバネセセリ 学名(がくめい): Polytremis pellucida pellucida

●全長(ぜんちょう):17mm前後(前翅長)

●分布(ぶんぷ):北海道・本州・四国・九州

●見られる季節(みられるきせつ):4~11月

●生態(せいたい):平地から高地の林縁やその周辺の草地に生息するセセリチョウの仲間。翅は全体的に茶褐色で前翅と後翅に白い斑紋があり、後翅の斑紋は一列に並ぶが、イチモンジセセリとは異なり白斑はジグザグな一列となる。植食性で幼虫はササ類などイネ科植物の葉を食べる。成虫は各種花に訪花し蜜を吸うほか、地面に降りて吸水したり、動物の糞尿なども吸う。

●珍しさ(めずらしさ):★★☆☆☆ 南河内地域では平地から山地に広く比較的普通に見られるが、減少傾向にある。イチモンジセセリなどと同様に本種も多少の移動は行うみたいで秋になると市街地の花壇を訪花している姿を見ることができる。近年、生息地各地で減少傾向にあり、大阪府レッドリストでは準絶滅危惧種(NT)に指定されている。

和名(わめい):チャバネセセリ 学名(がくめい):Pelopidas mathias oberthueri

●前翅長(ぜんしちょう):16mm前後

●分布(ぶんぷ):本州・四国・九州・沖縄

●見られる時期(みられるきせつ):4~11月

●生態(せいたい):平地から山地の農耕地や公園、人家周辺などに生息するでセセリチョウ。全体的に茶褐色で翅表面・翅裏面ともに白斑紋がある。秋によく見られるためイチモンジセセリなどと同様移動していると考えられる。植食性で幼虫はススキやチガヤなどのイネ科植物の葉を食べ、成虫は花の蜜などを吸う。成虫はときに尿や糞にも集まる。

●珍しさ(めずらしさ):★☆☆☆☆ 南河内地域では平地から山地まで広く普通に見られる。公園や人家の花壇の花に訪花している姿をよく見かける。

▶解説編

初夏の雑木林に舞う、優雅な日本の国蝶と呼ばれる「オオムラサキ」について詳しく解説しています。ぜひご覧ください。



▶探索編

初夏の雑木林に舞う、優雅な日本の国蝶と呼ばれる「オオムラサキ」を、実際にフィールド(現場)に出て探しに行ってみました。ぜひご覧ください。


動画の中で紹介している解説資料はこちらです。 


和名(わめい):ルリタテハ 学名(がくめい): Kanisca canace

●全長(ぜんちょう):28~35mm前後(前翅長)

●分布(ぶんぷ):ほぼ全国

●見られる季節(みられるきせつ):3~12月

●生態(せいたい):平地から山地の林内や林縁などに生息するタテハチョウの仲間。翅表面は全体的に青みを帯びた黒色で中央には青い帯がある。裏面は褐色~灰褐色。食植性で幼虫はユリ科のサルトリイバラやホトトギス類などを食べる。成虫は花や樹液に飛来して蜜を吸うほか、糞尿などにも集まる。成虫で越冬し、冬場でも暖かい日には日光浴に現れることもある。

●珍しさ(めずらしさ):★☆☆☆☆ 南河内地域では平地から山地にかけて普通に見られ、市街地周辺でも越冬期以外は少なからず見れる。

和名(わめい):キアゲハ 学名(がくめい): Papilio machaon

●全長(ぜんちょう):40~50mm前後(前翅長)

●分布(ぶんぷ):北海道・本州・四国・九州・沖縄

●見られる季節(みられるきせつ):3~10月

●生態(せいたい):平地から山地の草地や農耕地周辺などに生息するアゲハチョウの仲間。翅は全体的に黄色地に黒色の斑紋と翅脈がある。ナミアゲハと似ているが、こちらはより黄色みが強く、前翅の付け根部分が黒色ので見分けられる。植食性で幼虫はほかのアゲハチョウ類と異なり、セリ科の植物の葉などを食べる。ニンジンやパセリなどの農作物も加害することから農業害虫として扱われることもある。成虫は各種花に訪花し蜜を吸う。

●珍しさ(めずらしさ):★★☆☆☆ 南河内地域では平地から山地に広く比較的普通に見られる。

和名(わめい):クロヒカゲ 学名(がくめい): Lethe diana

●全長(ぜんちょう):25~28mm前後(前翅長)

●分布(ぶんぷ):北海道・本州・四国・九州

●見られる季節(みられるきせつ):4~10月

●生態(せいたい):平地から山地の林内や林縁などに生息するジャノメチョウの仲間。翅表面は全体的に黒褐色。裏面には前翅・後翅ともに眼状紋があり周辺は紫色を帯びている。植食性で幼虫はササ類などイネ科植物の葉を食べる。成虫は各種花に訪花し蜜を吸うほか、動物の糞尿なども吸う。

●珍しさ(めずらしさ):★★☆☆☆ 南河内地域では平地から山地に広く比較的普通に見られる。

和名(わめい):ヒメマダラエダシャク 学名(がくめい):Abraxas niphonibia

●全長(ぜんちょう):15~20mm前後(前翅長)

●分布(ぶんぷ):北海道・本州・四国・九州・沖縄

●見られる季節(みられるきせつ):5~7月

●生態(せいたい):平地から山地の林縁や林内などに生息するエダシャクの仲間。翅表面は全体的に白地に黒斑が多数のあるのが特徴。よく似た種類にユウマダラエダシャクがあるが、本種より黒斑が大きく見えるので見分けられる。食植性で幼虫はニシキギ類を食べる。成虫は朝方や夕刻に飛んでいる姿を目にする。

●珍しさ(めずらしさ):★★☆☆☆ 南河内地域では平地から山地にかけて広く比較的普通に見られる。

和名(わめい):ベニイカリモンガ 学名(がくめい): Callidula attenuate

●全長(ぜんちょう):20mm前後(前翅長)

●分布(ぶんぷ):本州・四国・九州・沖縄

●見られる季節(みられるきせつ):5~10月

●生態(せいたい):山地の林縁や林内などに生息するイカリモンガの仲間。翅表面は全体的に褐色で前翅に橙色の帯がある。よく似た種類にイカリモンガがあるが、あちらの方がより生息場所が局所的で前翅の先端付近が窪むことで見分けられる。食植性で幼虫はシダ類を食べる。成虫は花に訪花して蜜を吸う。

●珍しさ(めずらしさ):★★☆☆☆ 南河内地域では平地から山地にかけて広く比較的普通に見ることができる。

和名(わめい):ヒメアカタテハ 学名(がくめい): Vanessa cardui

●全長(ぜんちょう):23~28mm前後(前翅長)

●分布(ぶんぷ):ほぼ全国

●見られる季節(みられるきせつ):3~12月

●生態(せいたい):平地から山地の草地や農耕地周辺などに生息するタテハチョウの仲間。翅表面は全体的に橙褐色で前翅の先端部分は黒く、白斑がある。アカタテハと似ているが、あちらよりやや小さく色も明るく、後翅の橙褐色の面積が広く、裏面はピンク色を帯びることで見分けられる。食植性で幼虫はヨモギやイラクサ類などを食べる。成虫は花や樹液に飛来して蜜を吸うほか、糞尿などにも集まる。成虫で越冬し、北の地方の個体は南下する。

●珍しさ(めずらしさ):★☆☆☆☆ 南河内地域では平地から山地にかけて普通に見られ、市街地周辺にも多い。