ヒメヤブラン

和名(わめい):ヒメヤブラン 学名(がくめい):Liriope minor

●全高(ぜんこう):10~20cm前後

●分布(ぶんぷ):ほぼ全国

●開花期(はながみられるきせつ):7~10月

●生態(せいたい):山地の林内や林縁などに自生する多年草でキジカクシ科の植物。ヤブランに似るがより小型で細長い線形の葉をもち、細短い茎を伸ばして淡いピンク~紫色の花を咲かせる。

●珍しさ(めずらしさ):★☆☆☆☆ 南河内地域では山地を中心に広く見られ、雑木林や林道沿いで見かけることが多い。ヤブランとも混生することもあるが、本種はヤブランよりも陽当たりのよい場所に生えていることが多い。

0コメント

  • 1000 / 1000