イヌコウジュ

和名(わめい):イヌコウジュ 学名(がくめい):Mosla punctulata

●全高(ぜんこう):20~60cm前後

●分布(ぶんぷ):ほぼ全国

●開花期(はながみられるきせつ):9~10月

●生態(せいたい):平地から山地の農耕地周辺や草原などに自生する1年草でシソ科の植物。葉は鋸歯のある丸みのある披針形で葉や茎は紫色を帯びることが多い。先端に総状花序を伸ばしてそこに小さな淡紫色~ピンク色の花を咲かせる。

●珍しさ(めずらしさ):★☆☆☆☆ 南河内地域では平地から山地にかけて広く普通に見られる。帰化植物に追いやられて減少している地域もある。

0コメント

  • 1000 / 1000