ネジバナ

和名(わめい):ネジバナ 学名(がくめい):Spiranthes sinensis var. amoena

●全高(ぜんこう):10~40cm前後

●分布(ぶんぷ):ほぼ全国

●開花期(はながみられるきせつ):5~6月

●生態(せいたい):平地から山地の陽当たりの良い草原や草地などに生える多年草でラン科の植物。茎は直立し、葉は鱗片状。茎の上部に穂状花序をつけ、小さなピンク色の花を多数咲かせる。名前の由来通り、花はらせん状に回るようにしてつき、右巻きと左巻き両方あるが、法則性はない。

●珍しさ(めずらしさ):★★☆☆☆ 南河内地域では平地から山地にかけて広く比較的普通に見られる。明るい草地に多く、手入れの入った場所で生えていることが多い。庭先の花壇などにも生えることがある身近なランの仲間。

0コメント

  • 1000 / 1000