ハシブトガラス


和名(わめい):ハシブトガラス 学名(がくめい):Corvus macrohynchos

●全長(ぜんちょう):57cm前後

●分布(ぶんぷ):ほぼ全国

●見られる季節(みられるきせつ):留鳥

●生態(せいたい):平地から高地の様々な場所に生息するカラスの仲間。全体的に紫色を帯びた黒色。同所的に見られるハシボソガラスよりも大型で頭が大きく出っ張っていることで見分けられる。雑食性で動物や植物、死骸、ゴミなど何でも食べる。ゴミを漁って散らかすことからしばしば問題になることがある。「カァカァ・・・」と高い声で鳴く。

●珍しさ(めずらしさ):★☆☆☆☆ 南河内地域では留鳥として平地から山地にかけて様々な場所で見られる。特に市街地や森林では優占種となる。身近な野鳥の一つ。

0コメント

  • 1000 / 1000