コチドリ


和名(わめい):コチドリ 学名(がくめい):Charadrius dubius

●全長(ぜんちょう):16cm前後

●分布(ぶんぷ):北海道・本州・四国・九州

●見られる季節(みられるきせつ):夏鳥

●生態(せいたい):海岸などの海沿い、平地から山地の農耕地や河川敷、埋め立て地などに飛来するチドリの仲間。上面は全体的に灰褐色でお腹側は白色。額と頸部の黒色と目の周りの黄色いアイリングが特徴。似たイカルチドリよりも小型でアイリングの黄色がはっきりしている。肉食性で水生昆虫や甲殻類などを食べる。「ピピピ・・・」と鳴く。

●珍しさ(めずらしさ):★★☆☆☆ 南河内地域では夏鳥として平地から山地にかけての農耕地や河川敷などで比較的普通に見られる。繁殖場所など生息環境の悪化によって減少しており、大阪府レッドリストでは準絶滅危惧種(NT)に指定されている。