ツクシガモ


和名(わめい):ツクシガモ 学名(がくめい):Tadorna tadorna

●全長(ぜんちょう):62cm前後

●分布(ぶんぷ):本州・四国・九州

●見られる季節(みられるきせつ):冬鳥

●生態(せいたい):干潟や海岸などの海沿い、平地から山地のため池などに飛来するカモの仲間。頭部と肩、翼の一部は光沢のある緑色を帯びた黒色。身体の地は白色で背中から胸にかけて茶褐色の帯があるのと橙褐色の嘴が特徴。雑食性で水生昆虫や魚介類、海藻類などを食べる。

●珍しさ(めずらしさ):★★★★★ 南河内地域では冬鳥として平地から山地にかけてため池や湖沼などで非常に稀に見られる。大阪府で見られる本種のほとんどは海岸沿いだが、最近は1~2羽が内陸で見られることもある。

0コメント

  • 1000 / 1000