ヤブサメ


和名(わめい):ヤブサメ 学名(がくめい):Urosphena squameiceps

●全長(ぜんちょう):10cm前後

●分布(ぶんぷ):北海道・本州・四国・九州

●見られる季節(みられるきせつ):夏鳥

●生態(せいたい):平地から山地の森林に飛来するウグイスの仲間。全体的に褐色でお腹側は淡褐色。黄白色の眉斑と短い尾羽が特徴で、尾羽が切られたウグイスみたいに見える。肉食性で昆虫などを食べる。

●珍しさ(めずらしさ):★★☆☆☆ 南河内地域では夏鳥として平地から山地にかけてため森林内などで比較的普通に見られる。藪の中で囀っていることが多く、渡りの時期以外は姿を見ることが難しい。「チュッ」と地鳴きし、「シシシ・・・」と非常に高音で囀る。