トホシテントウ


和名(わめい):トホシテントウ 学名(がくめい):Diekeana admirabilis

●全長(ぜんちょう):5.5~7.5mm前後

●分布(ぶんぷ):北海道・本州・四国・九州

●見られる季節(みられるきせつ):4~10月

●生態(せいたい):平地から山地の農耕地周辺などに生息するテントウムシの仲間。全体的に橙赤色で黒色の斑紋が10個あるのが特徴。幼虫・成虫ともに食植性でカラスウリなどの葉を食べる。

●珍しさ(めずらしさ):★★☆☆☆ 南河内地域では平地から山地にかけて比較的普通に見られるが、やや局所的。カラスウリが生えている場所では見かけることが多い。

0コメント

  • 1000 / 1000