エゾビタキ


●和名(わめい):エゾビタキ 学名(がくめい)Muscicapa griseistica

●全長(ぜんちょう):15cm前後

●分布(ぶんぷ):全国

●見られる季節(みられるきせつ):旅鳥(春と秋に全国各地を通過する)

●生態(せいたい):平地から山地の森林や農耕地周辺、公園などに渡来・一時的に滞在するヒタキの仲間。全体的に灰色でお腹側は白色に灰褐色の縦斑がある。「ツィツィ・・・」と高い声で鳴く。肉食性で主に飛翔する昆虫を捕食する。

●珍しさ(めずらしさ):★☆☆☆☆ 南河内地域では旅鳥として主に秋に平地から山地まで広く普通に見られる。

0コメント

  • 1000 / 1000