オナガガモ


●和名(わめい):オナガガモ 学名(がくめい)Anas acuta

●全長(ぜんちょう):50~70cm前後

●分布(ぶんぷ):北海道・本州・四国・九州

●見られる季節(みられるきせつ):冬鳥(11~4月)

●生態(せいたい):湖沼や河川、ため池、海辺などに生息するカモの仲間。全体的に灰褐色で雄は長い尾を持つのが特徴。「グワッグワッ」と鳴く。雑食性で主に植物の種子や水草を食べるほか、貝類や甲殻類なども食べる。

●珍しさ(めずらしさ):★★☆☆☆ 南河内地域では冬鳥として大和川水系の河川やため池などで見られる。かつては南河内の内陸部にも広く見られたが、近年は減少傾向にある。

0コメント

  • 1000 / 1000