カルガモ


●和名(わめい):カルガモ 学名(がくめい)Anas zonorhyncha

●全長(ぜんちょう):60cm前後

●分布(ぶんぷ):北海道・本州・四国・九州・沖縄

●見られる季節(みられるきせつ):留鳥(一年中見られる)または夏鳥(北海道)

●生態(せいたい):湖沼やため池、河川などに生息するカモの仲間。全体的に黒褐色で首や顔周りは淡褐色。嘴(くちばし)は黒く、先端は黄色い。時折見える翼鏡は紫色に輝く。「グワッグワッ・・・」と鳴く。雑食性で水草や水生昆虫、甲殻類などを食べる。繁殖期にはたくさんの雛を連れて歩く光景が目立つ。日本に生息するカモ類としてはほぼ全国的に留鳥として繁殖する唯一の種である。

●珍しさ(めずらしさ):★☆☆☆☆ 南河内地域では留鳥として大和川水系の河川やため池などで広く普通に見られる。

0コメント

  • 1000 / 1000