センダイムシクイ


●和名(わめい):センダイムシクイ 学名(がくめい)Phylloscopus coronatus

●全長(ぜんちょう):13cm前後

●分布(ぶんぷ):北海道・本州・四国・九州

●見られる季節(みられるきせつ):夏鳥(4~10月)

●生態(せいたい):平地から山地の森林に生息する。全体的に黄色をおびたオリーブ色で眼の上の白色の眉斑が特徴。嘴(くちばし)の下は黄色。「フィッ」と高い声で地鳴きし、「チィチィチョイチョイビーン・・・」とさえずる。その声が「焼酎一杯ぐいー」と聞こえる。

●珍しさ(めずらしさ):★★★☆☆ 南河内地域では夏鳥として平地から山地の森林で見られる。渡りの時期は市街地の公園などでも見られる。近年は繁殖可能な生息環境の悪化で減少している。大阪府レッドリストでは準絶滅危惧種(NT)に指定されている。