ヒドリガモ


●和名(わめい):ヒドリガモ 学名(がくめい):Anas penelope

●全長(ぜんちょう):50cm前後

●分布(ぶんぷ):北海道・本州・四国・九州・沖縄

●見られる季節(みられるきせつ):冬鳥(10~4月)

●生態(せいたい):湖沼や河川、海辺などに生息するカモの仲間。雄は翼など体上面は灰色で頭や胸は茶褐色、雌は全体的に褐色。雄の額には白っぽい模様があるのが特徴。「ピュー」とよく鳴く。植物食の強い雑食性で主に水草などを食べるが、小型の魚類や水生昆虫などを捕食することもある。数羽から十数羽の群れで行動していることが多く、特に数百羽を超すこともある。

●珍しさ(めずらしさ):★☆☆☆☆ 南河内地域では冬鳥として大和川水系周辺の河川やため池、ダム湖などに生息し、最もよく目にする機会の多いカモの一つ。

0コメント

  • 1000 / 1000