ヤマガラ


和名(わめい):ヤマガラ 学名(がくめい):Poecile varius

●全長(ぜんちょう):14cm前後

●分布(ぶんぷ):北海道・本州・四国・九州・沖縄

●見られる季節(みられるきせつ):留鳥(一年中見られる)

●生態(せいたい):平地から山地の森林や市街地などに生息するシジュウカラの仲間。頭と喉は黒色、頬は白く、背中の一部とお腹側はオレンジ色で、翼は灰色。「ニィーニィー」と地鳴きし、「ツツピーツツピー」とさえずる。他のカラ類と比べてやや濁って聞こえる。雑食性で果実や木の実、昆虫などを食べる。数羽から十数羽の群れで行動していることが多く、冬場にはほかのカラ類やメジロなどと混群になることもある。

●珍しさ(めずらしさ):★☆☆☆☆ 南河内地域では留鳥として主に山林などに生息する。秋以降になると市街地の公園や庭先でもよく見られるようになる。

0コメント

  • 1000 / 1000