ニホンノウサギ

和名(わめい):ニホンノウサギ 学名(がくめい):Lepus brachyurus

●全長(ぜんちょう):45~60cm前後(尻尾を含める)

●分布(ぶんぷ):本州・四国・九州

●見られる季節(みられるきせつ):一年中

●生態(せいたい):平地から高地の農耕地や山林内などに生息するウサギの仲間。日本固有種。全体的に茶褐色だが、雪の多い地域では冬場には真っ白になる。長くて大きい後ろ脚が特徴。植食性で植物の葉や果実、木の実などを食べる。

●珍しさ(めずらしさ):★★☆☆☆ 南河内地域では農耕地周辺や山林内などに生息し、比較的普通に見られる。夜行性であるため日中はほとんど姿を見かけることは少ないが、糞を見かけることは多い。

0コメント

  • 1000 / 1000