TokoTokoに参加して得られたもの

ここではTokoTokoメンバーの声をご紹介します。 



TokoTokoに入って見方が変わった! 池田さん(TokoToko4年目) 


私がトコトコに入って見方が変わったことは、いくつかありますが、その中でも特筆したいことは、子供たちとの交流です。お手伝いさせていただいている観察会では、毎回多くの子供たちが参加してくれて、我々トコトコスタッフは、子供たちが安全に過ごせるように一緒に行動します。その時、発見がある度に色々な事を教えてくれる子供たちの観察眼には毎回驚かされ、自身が子供の時分にも、確かに気に掛けながら見ていたものを、子供たちを通すことによって、再び発見した気持ちになりました。 

さらに、川で観察会を行うことが多いため、子供たちの安全への配慮という面で、責任をもって任務を遂行する能力が身につき、山で雨が降り出したら川から離れる、といったような、安全に関する知識も身につけるようになったように思います。 

私はトコトコで活動を通して、幼い日の純粋な好奇心と、将来必要とする責任の両方を勉強していると感じています。



人とのコミュニケーションですこしずつ自信がついた! 相良さん(TokoToko4年目)


トコトコプロになって良かったことは、生き物や自然について少し詳しくなれた事です。 トコトコプロには色々な分野に詳しい人が多く、一緒の観察会で行動していると沢山の知識や知らなかった生き物や自然について聞くことができて、とてもためになります。 元々人とのコミュニケーションがとても苦手な自分でしたが、今では生き物についての面白い話が聞けることもあり、少しずつ自分から話しかけられるようになりました。




身近な自然を学ぶ場でもあり遊び場でもある!! 柳本くん(TokoToko7年目)

僕がトコトコに入って良かったなって思うことは人に何かを教えて 時には一緒に学び、参加者とスタッフが共に学び合い、 当たり前ですけど、スタッフが観察会をし、参加者が教えてもらうけど、参加者から色々質問され 気づかなかった小さな発見があったりします。 トコトコは最初にも書きましたが【人と人が繋がる場⠀】なんです。足もとの小さな自然をみんなで楽しく自然と笑顔になる それがトコトコの自然観察会だと僕は思います。 僕は実は凄く人見知りが激しい人でした。 だから初めは人と上手く話せなかったり、輪に入ったりすることが苦手でした。けどこのトコトコに入ってより多くの人幅広い年代の人々とふれあう機会が増えました。より多くの観察会に参加しているうちに気付けば自然と人見知りが少しずつではあるんですが無くなって来てると感じています。



Tokotokoに入ってよかったこと 安田さん(TokoToko3年目) 

Tokotokoに入ってよかったことは沢山あります。 1番はやはり、毎日の活動で子供達の本当にきらきらした笑顔が見られることです。 自然と触れ合い、新しいものを発見したり大好きな生き物を見つけた時に見せてくれる顔は本当に素敵でいつも元気をもらっています。 また、Tokotokoの活動の中で成長したなと思えることも沢山あります。  

それはタイムマネージメント力や、人前で話す力です。毎回の活動で子供達に注意事項を説明したり、色々な呼びかけをするので人前で話すことに慣れました。 一つの観察会でも時間を決めて色々なことをするので、タイムマネージメント力もついてきたかなと思います。 私はまだほかのメンバーのお手伝いという形で参加することが多いのですが、これからは積極的にリーダーを務めて、リーダーシップも養いたいと思います。