オオヨツスジハナカミキリ


和名(わめい):オオヨツスジハナカミキリ 学名(がくめい):Macroleptura regalis

●全長(ぜんちょう):20~30mm前後

●分布(ぶんぷ):北海道・本州・四国・九州

●見られる季節(みられるきせつ):6~8月

●生態(せいたい):平地から山地の林縁や草地などで見られるカミキリムシの仲間。全体的に黒地に黄褐色の模様が四つあるのが特徴。ヨツスジハナカミキリと似ているが、より大型で黒色みが強い。草食性で様々な花や樹木に集まり、花粉や蜜を食べる。

●珍しさ(めずらしさ):★★☆☆☆ 南河内地域では平地から山地にかけて見られるが、ヨツスジハナカミキリに比べて数は少なく、山地沿いに多い。

0コメント

  • 1000 / 1000