オオスズメバチ

和名(わめい):オオスズメバチ 学名(がくめい): Vespa mandarinia

●全長(ぜんちょう):20~50mm前後

●分布(ぶんぷ):北海道・本州・四国・九州

●見られる季節(みられるきせつ):5~11月

●生態(せいたい):山地の雑木林周辺などに生息するスズメバチの仲間。日本産亜種は世界で最も大きく毒性も強いとされる。全体的に黒と黄色の縞模様。土中や木の根元に巣を作り、数千個体のコロニーとなる。幼虫の餌として各種昆虫を狩る。成虫は樹液や花の蜜を吸う。大型かつ凶暴で刺されると命の危険があるので近寄らない方がよい。

●珍しさ(めずらしさ):★★☆☆☆ 南河内地域では平地から山地に広く生息しているが、山地沿いの雑木林に多い。


ギャラリー



0コメント

  • 1000 / 1000