アオバセセリ


和名(わめい):アオバセセリ 学名(がくめい): Choaspes benjaminii

●全長(ぜんちょう):20~25mm前後(前翅長)

●分布(ぶんぷ):本州・四国・九州・南西諸島

●見られる季節(みられるきせつ):4~10月

●生態(せいたい):平地から山地の林内や林縁などに生息するセセリチョウの仲間。翅表面・体ともに光沢のある暗緑色で後翅の先端付近は橙色。植食性で幼虫はアワブキ類の葉などを食べる。成虫は各種花に訪花して蜜を吸うほか、地面で吸水したり、糞尿などにも集まる。

●珍しさ(めずらしさ):★★★☆☆ 南河内地域では平地から山地にかけてやや局所的に見られるが、減少傾向にある。かつては市街地に近い場所でもよく見られたが、近年は減少が著しい。大阪府レッドリストでは準絶滅危惧種(NT)に指定されている。

0コメント

  • 1000 / 1000