オグマサナエ


和名(わめい):オグマサナエ 学名(がくめい):Trigomphus ogumai

●全長(ぜんちょう):45~50mm前後

●分布(ぶんぷ):本州・四国・九州

●見られる季節(みられるきせつ):4~6月

●生態(せいたい):平地から低山地の水生植物の多い湖沼や流れの緩やかな河川周辺で見られる中型のサナエトンボの仲間。全体的に黄色と黒色。サナエトンボ類はよく似通った種が多いので野外で見分けるのは難しい。幼虫は池底で生活する。幼虫(ヤゴ)・成虫共に肉食性で小さな昆虫を食べる。

●珍しさ(めずらしさ):★★★☆☆ 南河内地域では大和川水系周辺のため池や河川上流部に分布しているが、個体数は少ない。近年は生息環境の悪化によって各地で減少しており、環境省・大阪府ともに絶滅危惧Ⅱ類(VU)に指定されている。

0コメント

  • 1000 / 1000