ハシビロガモ


和名(わめい):ハシビロガモ 学名(がくめい):Anas clypeata

●全長(ぜんちょう):50cm前後

●分布(ぶんぷ):全国

●見られる季節(みられるきせつ):冬鳥

●生態(せいたい):海岸、平地から山地の河川や湖沼などに飛来するカモの仲間。雄は頭部は光沢のある緑色で、胸は白く、脇は橙褐色で翼は黒褐色。雌は全体的に淡褐色で嘴は薄黄色。雌雄ともに名前の由来通りスコップのような嘴が特徴。雑食性で主にプランクトンなどを捕食するが、甲殻類や水生昆虫などを捕食するほか、人が与えたパンなどを食べることもある。水面上で群れながら回って採餌する習性がある。「クエッ・・・」と鳴く。

●珍しさ(めずらしさ):★☆☆☆☆ 南河内地域では冬鳥として平地から山地にかけての湖沼やため池、河川などで普通に見られる。身近なカモ類の一つ。

0コメント

  • 1000 / 1000