オオルリ


●和名(わめい):オオルリ 学名(がくめい)Cyanoptila cyanomelana

●全長(ぜんちょう):16cm前後

●分布(ぶんぷ):北海道・本州・四国・九州

●見られる季節(みられるきせつ):夏鳥(4~10月)

●生態(せいたい):平地から山地の森林に生息するヒタキの仲間。雄は全体的に美しいコバルトブルーで目の周りは黒く、お腹側にかけては白っぽい。雌は全体的に地味なオリーブ色。「ヒッヒッ」と地鳴きし、「ヒーリーリー」と美しい声でさえずる。肉食性で主に昆虫を捕食する。

●珍しさ(めずらしさ):★★☆☆☆ 南河内地域では夏鳥として平地から山地まで広く見られる。薄暗い山地の森林に多いが、渡りの時期は市街地の公園などでも見られる。

0コメント

  • 1000 / 1000