タシギ



●和名(わめい):タシギ 学名(がくめい)Gallinago gallinago

●全長(ぜんちょう):28cm前後

●分布(ぶんぷ):本州・四国・九州・沖縄

●見られる季節(みられるきせつ):冬鳥(11~4月)

●生態(せいたい):平地から山地の河川や農耕地周辺に生息するシギの仲間。全体的に地味な黒褐色で黄褐色の線が体に入る。あまり鳴かないが、「ジェッ」と鳴く。肉食性で水生昆虫や甲殻類などを捕食する。

●珍しさ(めずらしさ):★★★☆☆ 南河内地域では冬鳥として大和川水系周辺の河川や農耕地で見られる。渡りの時期は市街地のちょっとした水辺にも飛来することもある。生息環境の悪化で近年は渡来数が減っており、大阪府レッドリストでは準絶滅危惧種(NT)に指定されている。